リトアニア ヴィリニス

Lietuvos nacionalinis dramos teatras Mažoji salė

  • 上演日時:2018年2月16日
  • 場所:リトアニア ヴィリニュス
  • 会場:リトアニア国立ドラマシアター小ホール
  • 席数:180席 動員数:180人以上

・上演の特徴

3年前から始まった「イナンナの冥界下り」プロジェクト。初の海外公演。  イギリスとリトアニアにて日本では未公開の新バージョンで上演。造形作家の山下昇平の人形で、 能楽師安田登がイナンナを演じます。このイナンナに対して、冥界の女王であるエレシュキガルは、 観世流シテ方の杉澤陽子。 リトアニア語は印欧語の祖語に近く、古代言語に近い言語を日常語にしている国です。 古代シュメール言語で書かれた神話を上演するのに十分意味があると国の1つです。

出演者

  • イナンナ: 安田登 / 能楽師ワキ方 
  • エレシュキガル: 杉澤陽子 / 能楽師シテ方
  • エレシュキガルの声:  辻康介 / イタリア古楽歌手
  • ネティ: 奥津健太郎 / 能楽師狂言方 
  • ニンシュブル: 空伊ナディア / ダンサー
  • ニンシュブルの声: 玉川奈々福 / 浪曲師
  • クルガラ: 奥津健一郎 / 子方 
  • ガラトゥル: 笹目美煕 / 子方 
  • コロス: 大島淑夫 / 和泉薫 

  • 人形制作: 山下昇平 / 造形作家 

  • 音楽: 槻宅聡 / 能楽師笛方 
  • 音楽: ヲノサトル / 音楽家・DJ 
  • 音楽: 北川真理子 / 太鼓 

  • スタッフ: 笹目有花 / 字幕 

  • 監修・翻訳: 高井啓介 / 大学教員

  • リトアニアコーディネイト: Greta Vaitkute / 塚田愼一